# 撮影

マニアックなテザー接続方法!キヤノン一眼レフデジタルカメラ。

マニアックなEOS6DのPCとのテザー接続方法!

「最近どれくらい着込めばよいかがわからなくて、風邪をひきそうなカメラマンの濵口です!」

 

本日はキヤノンの一眼レフデジタルカメラの、テザー撮影(無線でPCに画像を転送する事)の私なりの接続方法をご紹介致します。

その中でもEOS6Dでの接続方法をご紹介致します。この6Dが発売したのが2012年で、最近では使用する事がほとんどないのですが、当時どうしても撮影時に無線で撮りたくて試行錯誤を繰り返しテザー撮影ができる様になりました。

ネットで検索しても接続方法は見つからないのと、説明書を見ても書いていない接続方法です。

なかなか面白い接続方法で、この接続方法ができればその他のカメラの接続はものすごく簡単です!

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まずはEOS UtilityのソフトがインストールされているPCとカメラを用意!

EOS Utilityのソフトとはパソコンへの画像取り込みやカメラの設定をPCでできるソフトです。

カメラを購入したら無料でついてくるソフトです。

 

次に保存先となるフォルダを作成!

フォルダ名は今回は6dと致します。

 

次にWi-Fiをオンに致します!そしてPCの方からネットワークを飛ばします!

簡単に説明を致しますと、PCの方から電波を発信して、カメラ側で受信する方法です。

Wifiのカテゴリーの下の方のネットワークを作成をクリックをします。

ネットワーク名はお好きな名前で大丈夫です。ここでも私は6dと致します。

ネットワークを作成すると装置が完成!これでPCから電波を発信しています。

 

次にカメラの方でPCの方からネットワークを受信します!

Wi-FI機能を選択。

そしてPCマークを選択。

設定と確認と変更を選択。

そして設定と変更を選択。

ネットワークを検索します。

 

先ほどPCで設定をした電波を受信!

PCから発している電波を受信できる様になりました。

自動選択を押します。

 

処理中です!お待ちください…。

なぜかこの処理中の時間が2〜3分かかります。この2〜3分かかる事を知らない人がほとんどだと思います。

 

2分が経ちましたっ!!

2〜3分が経つとペアリングを始めますという文字が出てきます!

OKを押すと…。

 

PCの右上にクリックする文字が出てきます!!

ペアリングソフトはEOS Utilityをインストールしていれば大丈夫です。

先ほどの文字をクリックすると接続が完了致します!

 

カメラの方で接続OKボタンを押します!

これでやっと接続をしてコードレスで撮影ができます。

 

PCのリモート撮影の文字を押して撮影を開始!!

ここからの使い方はコードでPCをつなげて撮影をする方法と同じです。

 

連携ソフトをなしに設定する方がデータの転送速度が安定します!!

原因はわからないのですが、連携ソフトをなしにすると途中で接続が切れたりする事があまりなくなります。

 

画像確認はDigital Photo ProfessionalやAdobeのBridgeやPhotoshop等で確認!

ちなみに私はDigital Photo Professionalで確認する事が多いです。

今の時代はもっと簡単に接続が可能で、2012年の頃に苦労して接続したのを思い出してブログを書いてみました。

ネット上では見ない接続方法なので、知識として知っていたら面白いと思います。

現役で6Dを使用している方は、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

——–★——–★——–★——–★——–★——–★——–★——–★

撮影、ヘアメイク派遣、デザイン、ムービー制作のご依頼は↓

👉株式会社Rgraph(アールグラフ)はこちら

大阪・東京の撮影スタジオレンタルは↓

👉STUDIO RGRAPH (スタジオアールグラフ)はこちら

 

LATEST

ARCHIVE

2019.07.19

大阪福島で料理(フード)撮影してきました〜!

2019.07.18

夏の1冊

2019.07.17

おすすめ!美味しいスウィーツ💓

2019.07.08

カメラマン出張撮影!大阪から熊本に行ってきた時のお話し。

2019.07.05

たまには写ルンですのことでも

2019.07.04

なる散歩〜大阪靱公園編〜

CATEGORY

ページの先頭へ戻る