塗りブラシが使いやすい

# デザイン

【Illutlator】塗りブラシが使いやすい【初心者】

こんにちは!夏の訪れを気のせいにしたい藤原です!
前回はIllustratorのレイヤーの基本的な使い方から、移動やアウトライン表示についてご紹介いたしました。
(前回の記事内容は下記よりご覧ください)

👉👉👉 【Illustrator】イラレのレイヤー使ってる?【初心者】

 



さて・・・IllustratorはPhotoshopと異なり、綺麗な線や図形を描くことができます。
また、描いたもの(オブジェクト)の変更や修正がしやすいです。
綺麗で均一な感じにしたい場合のイラストは断然、Illustratorが向いていると思います。

しかも、便利なツールを使うと描き方の幅が広がりますので、是非お試しください!

 

塗りブラシツールとは

「塗りブラシツール」というものをご存知でしょうか?
左のツールバーの中にある「ブラシツール」を長押しすると選択できる隠れ?ツールです。([Shift]キー押しながらBでも呼び出せます)

塗りブラシツール2

通常の「ブラシツール」ですと、塗り足しや後から一部分消したい時、上手く消せなかったりします。
下の図をご覧いただきますとこんな感じです。

ブラシツール

「塗りブラシツール」を使うと綺麗に塗り足しができるし、後からちょっと修正で消したい時にも便利なのです!
なので、塗りのイラストを描きたいときは「塗りブラシツール」がおすすめです。
上の図と見比べていただくと、その差をお分かりいただけるでしょうか・・・

ブラシツールとの違い

 

ブラシツールとの違い

では、「ブラシツール」と「塗りブラシツール」は何が違うのか?

下のふたつのオブジェクトは見た目はよく似ているのですが、パスで見てみると全く違います。
左はブラシツール、右は塗りブラシツールで描いています。

パス

ちなみに、パスとは・・・図形を構成する要素のことで、端点同士を線で結んで構成されます。 
Illustratorはこの「パス」でオブジェクトを作成します。

パスには、「オープンパス」と「クローズドパス」の 2 種類があり、
その線がぐるっと一周して閉じているか、開いているかの違いです。
ブラシツールはオープンパス、塗りブラシツールはクローズドパスのオブジェクトができます。

また、パスには「線」と「塗り」の設定ができるので、上のふたつのオブジェクトで説明すると
左:線あり、塗りなし / 右:線なし、塗りあり
という状態なのです。



「ブラシツール」で塗り足したとしても、一筆で描いたところまでがひとつのオブジェクトになり、
別々のオブジェクト扱いになってしまいます。

しかし!

「塗りブラシツール」で描くと、「塗り」に設定している色が同じである限り
重なった部分が結合してひとつのオブジェクトになります。

塗り足し

なので、塗り足しが簡単にできるという訳なんですね。
IllustratorはPhotoshopと違って「パス」で描くので、なかなか直感的な操作がしづらい印象がありますが
「塗りブラシツール」を使うとかなり描きやすいと思います!

 

塗りブラシツールの使い方

では、塗りブラシツールの使い方(設定の仕方)を簡単にご紹介いたします。

塗りブラシツールで描いたオブジェクトは、塗りの情報のみ設定されます。
そして、「線」とは違って「塗り」自体には太さの設定がありません。
後から変更はできませんが、描く前にブラシの太さを変更できます。

左にあるツールバーから「塗りブラシツール」をダブルクリック。
すると、塗りブラシツールのオプションが設定できるダイアログが表示されます。
その中の「サイズ」から変更可能で、数値が大きいほど太くなります。

ダイアログを表示させなくても、ショートカットで「 [ (大カッコ)」「 ] (大カッコトジ)」キーで太さを変更できます。
マウスのポインターを見ながらキーを入力すれば分かりやすいですよ!

塗りブラシツールのオプション

ちなみに・・・
塗りブラシは描くと「塗り」情報が設定されますが、「線」の情報も後から設定できます。
それを利用すると、下の図のように縁取りのようなデザインもできます。

塗りブラシツールの線

線を追加したいオブジェクトを選択した状態で、上部のコントロールパネルから簡単に設定できます。
左のツールバーや、[ウィンドウ]→[線]で表示させた「線ウィンドウ」からでも設定可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日は「塗りブラシツール」について、ブラシツールとの違いや設定方法などをお伝えいたしました。
仕組みさえ分かれば、Illustratorを使い始めた方にもとても使いやすいツールだと思います!

最後に・・・
今は梅雨なので、てるてる坊主を塗りブラシツールで描いてみました。
(しずくはフリーハンドで描くのが面倒なので、楕円形ツールを使っています)
皆さんも、是非塗りブラシツールを使ってみてください!

てるてる坊主イラスト

 

——–★——–★——–★——–★——–★——–★——–★——–★

アールグラフは撮影からデザインまで一貫してお任せいただける制作会社です!
撮影、ヘアメイク派遣、デザイン、ムービー制作のご依頼は↓

👉株式会社Rgraph(アールグラフ)はこちら

 

 

 

LATEST

ARCHIVE

2021.06.30

ハマグリ写真教室、大阪にて受講生募集開始!!!

2021.06.22

カメラマンアシスタントのお仕事とは!

2021.06.18

料理撮影

2021.06.18

スナップ撮影には

2021.06.14

【Illutlator】塗りブラシが使いやすい【初心者】

2021.06.11

フィルムカメラに興味のない私がCANON EOS-1を手に入れた話。

CATEGORY

ページの先頭へ戻る